現役人事が公開|大学職員への最短転職 5STEP

30代で大学職員へ転職可?異業種から未経験転職は?【人事が解説】

悩める君
悩める君

30歳を過ぎたけど、一生このままでいいのかな…

大学職員がホワイト職と聞いて転職を考えたい。

30代でも異業種でも転職することはできる?

 

今回はアラサーで民間企業から転職した現役人事担当と現役国際担当の現役大学職員2人が、そんな疑問やお悩みにお答えします。


本記事の内容
・30代異業種からの大学職員転職が可能な理由
・転職後の不安(人間関係や待遇など)が問題ない理由
・大学職員に転職する最短ルート


✔本記事の信頼性



本題に入る前に、大学職員を目指す方の中には、初めての転職を考えている方も多いと思うので、僕たちが転職に成功した1番の秘訣をお伝えします。


それは、転職活動は決して一人では行わず、転職エージェントと一緒に進めていくということです。


ソース(現役人事担当)
ソース(現役人事担当)

無料で利用できて、たくさんのメリットがあるため、どこの転職エージェントを利用したらいいのかわからない、そんな声を多くいただくようになりました。


そんな方々のために、転職エージェントを10社以上利用してきた僕たちが、おすすめの転職エージェントについて、下の記事で詳しくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。


大学職員に強い転職エージェント5選【人事が徹底比較】

それでは、本題に戻り、”30代、異業種からの大学職員への転職”について解説していきます。


30代、異業種からの未経験転職は可能?


30代、かつ異業種から既卒での採用に合格できるのか、少しビビってしまいますよね。


結論を言うと、僕たちも30歳前後で異業種から転職できたとおり、可能です。


ソース
ソース

僕の中途同期でも、30代のビール会社出身者が教務に入ったり、生保出身者が学長室に入ったりなどしています。

そしてなにより僕も銀行の営業出身ですが、転職できましたし、しかも今は人事部で採用に携わっています。


次に、30代、異業種からの転職が可能な理由を説明します。


30代での転職が可能な理由


まず年齢についてですが、中途で採用される人は20代から30代が中心ですので、30代は各大学が狙っているレンジに十分入っています。


大学によって、また採用をかけるタイミングにより、20代をほしい場合と、30代がほしい場合がありますが、いずれにしてもチャンスがあることは間違いありません。


実際に各大学の募集を見てみても、30代が対象から外れているケースは少なく、僕たちが採用された時も、20代と30代が1:1くらいの割合でした。


ソース(現役採用担当)
ソース(現役採用担当)

既卒者の採用をかける時には、一部は特定のポジションを想定して採用をかけます。
部署はここ、とか場合によっては何歳くらい、といった感じで想定しています。


30代異業種からの転職活動で採用される理由


まず僕たちも大学に入って感じたことなのですが、同業である大学職員出身者はほとんどいません。


中途採用の場合、転職者の90%、大学によっては95%は大学職員以外からの転職です。


この背景には、大学は民間出身者の発想や経験を求めているということが挙げられます。


もちろん、その大学が特定の職種を求めている場合は、専門性があればベターです(法務、人事、財務、システム、就職、国際など多岐に渡ります)。


ただ実際には、大学内では部署移動は頻繁に行われ、異動すると転職したのと同じくらい全てが新しい仕事になります。


そのため新卒で入職した職員であっても、40歳で新しい仕事になることもザラです。


この点から、大学としては専門職を募集しているとともに、どの部署に入ったとしても民間での様々な経験を総合的に活かしてほしい、という考えがあります。


大学職員からの転職ではないから厳しいのではないか、という方は安心していただいて大丈夫です。


30代での大学職員転職で思い浮かぶ不安は…


30代で、異業種からの転職が可能なことは説明しましたが、人間関係・大学職員知識の不足・教員との関わり・給料・休み、などなど心配は尽きませんよね。


結論としては、全然大丈夫です。


心配になりそうな点と、それが問題ない点について、次にを説明します。


30代から転職しても人間関係は大丈夫?


まず一般的に大学職員は、本当に優しい人が多いです。


そして僕たちの経験から言えることとしては、ノルマが無く、昇格争いが少なく、責任の押し付け合いがほとんど存在しないからか、民間企業のピリピリ感とは程遠いということです。


もちろん転職してきた時に『どんな人なんだろう?』とみられはしましたが、ライバル視されたり、孤立させてやろう、苦労させてやろう、ということは全くありませんでした。


それよりも、前職でどんな経験をしたのか関心を持って興味深く聞いてくれたり、一緒に協力してやっていこう、というタイプの人が多いので、過度に心配する必要はありません。


エレン
エレン

不安をかかえながら転職した1か月後に、『来てくれて助かってる!』と同僚から言われた時はうれしかったです。
飲み会でも仕事の話は少なく、趣味の話とか楽しい話が多いので、むしろ積極的に飲み会に参加しています。


教員などとの独特な関係性などは?


教員は独特な人が多い、という先入観を持つ方がいますが、特に強くは感じません。


僕たちからすると、『別にこのくらい独特な人は前職場の同僚にもいたし、取引先にもいたなあ』というレベルです。


教員は根がいい方が多いですし、なにかあって怒られても正直なところ『このくらいか』という感じです。


多くの民間企業出身の方からすれば、激しい修羅場をくぐってきたこともあるかと思いますので、心配する必要は全くありません。


30代から転職すると経験不足から、大学職員知識が足りない?


これについても全く問題ありません。


大学職員に限らず転職を目指す時は、その業界やその会社のことを調べると思うので、そのような過程で学んだ知識+採用が決まった後に勉強すれば十分です。


ソース
ソース

中途採用者は、大学に関する知識に期待して採用しているわけではありません。あくまでも前職の経験を総合的な面で活かしてほしいと思っています。
そのため、最低限の知識をもって入職してもらえれば大丈夫です。


30代から転職した場合、気になる大学職員の年収は?


大学職員の年収については、大学によって様々ですが、私立大学であれば平均734万円程度、首都圏の大学や有名私立大学であれば、上場企業トップ100レベルです。


ホワイトな職場環境でノルマや転勤がないことを考えると、非常にコスパはいい職業だと思います。


30代から転職したからといって、新卒の人と比べて不利になることはなく、入職時から同世代とは同じ水準、もしくは数年で同世代に追いつくという給与体系が多いです。


大学職員の給与や福利厚生などについては、下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。


大学職員の年収を現役人事が公開|2021年版ランキング+生涯年収も【給料高すぎ?】


大学職員の休暇事情は?


私立大学職員であれば、休暇はかなり多い方だと思いますし。有給休暇も取得しやすい環境にあります。


そして、大学職員の醍醐味といえば、夏休みと年末年始にある大型の連休です。


大学によって長さは異なりますが、有給休暇とは別にそれぞれ2~3週間ずつくらいあるところが多いので、これはかなり嬉しいですね。


ソース
ソース

夏休みと年末年始休みを利用して、家族で海外旅行に行ったり、趣味に没頭したりしている人が多い印象ですね。


気になる大学職員の倍率は?


それでは、大学職員の中途採用の採用倍率はどのくらいなのでしょうか。


これは、大学によっても異なりますが、人気校では数百倍や数千倍になることも少なくありません。


しかし、これにはカラクリがありますので、ご安心ください。


この大学職員の倍率については、下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。


大学職員の倍率の裏側とは?【現役人事が知る転職内定者の共通点】


まとめ:30代からの転職は可能⇒大学職員に転職する方法


今回は、30代、異業種からでも大学職員に転職可能なのかについて説明しました。


40歳で年収1000万など、好待遇の大学職員ですが、いろいろな業種から転職でき、資格も不要なので、人気が高まりつつあります。


大学職員の中途採用は拡大傾向ですが、高倍率なので、転職サイト大学職員に強い転職エージェントから非公開求人情報を得ることが、早く内定を獲得するコツです。


ソース(現役人事担当)
ソース(現役人事担当)

転職成功者平均4.2社転職エージェントで、非公開求人情報を得ています。(リクナビNEXT)


結論だけ知りたい方は、僕たちも利用した大学転職に強い転職サイト2社転職エージェント3社を登録しておけばOKです。(全部無料。1社3分くらいで登録できます


大学職員になるための転職サイト2選+α
大学職員になるための転職エージェント3選


転職サイトと転職エージェントの詳細についてはこちらをご覧ください。


大学職員に強い転職エージェント5選【人事が徹底比較】


最後までお読みいただきありがとうございました。